HIGH FIDELITY BLOG Ver.2.0

a26opp.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

政権交代

資格取得の為、週末だけ学校に通っています。もう2ヶ月程通ったのだけれど、宿題はあるし、授業時間は長いし、週末に思う存分遊べないし、段々と憂鬱になってきている次第・・・。今日も嫌々ながら学校に行きましたが、夕方に早退させてもらいました。なぜならば、「選挙がありますから!」。しら~っと、教室中が沈黙し、多少(おそらく多)のアウェイ感を持ちつつそそくさと帰宅。公言通り、しっかりと投票してきました。
d0128612_2332887.jpg
夜は高円寺まで阿波踊りを鑑賞しにいきました!あいにくの雨でしたが、一年に一度のお祭りは台風もお構いなし。小さい子供も若い方も、年輩の方も、呑んで食って一緒に踊って、ある意味下手なクラブイベントより中毒性のある瞬間ではないかな?踊る阿呆に見る阿呆同じアホなら踊らにゃ損々!私もいつまでも一介の阿呆で在り続けたいと思った夏の終わり。
[PR]
by a24opp | 2009-08-30 23:53

I Love エイミ~

d0128612_23155348.jpg
昨日、aimee mannのライブに行ってきました!拙いレポです↓

□ 8/25(火) 渋谷駅に □
前回(2005年)来日した時は行けなかったので、今回が念願のエイミー初見!会場は渋谷AXとまずまずの広さを持つハコ、チケの売れ行きも悪くないようで、私の気分は最高に盛り上がっていた。日中はバリバリ仕事をこなし、開演時間30分前には渋谷駅へ、志を同じくしたエイミーファンの友人と一緒にAXに到着。開演時間10分前のフロアは思ったより人が多く、さすがに前方ブロックは埋まっていたけれど、中盤にとても見易いスペースが空いていたので陣取り。ドキがムネムネ(笑)状態で待つ!

□ おいでなすった! □
客電が落ち、淡い光だけがステージを照らす。サポートメンバー2人を従え、aimee mannがゆっくりと中央マイクスタンドの前に立った。肩幅はあるが細身の体系、ピンと伸びた背筋は私が何度もDVD(映像作品「Live at St. Ann's Warehouse」)で見た彼女そのものであった。「Thank you so much!」、観客に挨拶し4thアルバム「Lost In Space」から"The Moth"、1曲目が奇しくも前述の映像作品と全く同じである。アコギの柔らかい音と慎ましげなシンセサイザーが会場内に不思議な空間をもたらす。続いて"Nightmare Girl"、本日のセットリストは彼女自身がB面集やCD未収録曲をセレクトしてくれたそうで、まさか聴けると思っていなかった私は面食らってしまった。ステージの光の演出も手伝い、早くも涙腺が・・・。そして3曲目では映画「マグノリア」のサウンドトラックから、さらにレアな"Momentum"!低音、高音の波が激しい歌であるが、彼女は見事に、かつ楽しみながら歌っていたように感じた。1曲演奏する度に「Thank you so much!」と感謝を表し、どのアルバムからの曲かを説明する姿勢、とても素晴らしい事だ。

普段ライブでお目にかかれない曲が次々と演奏される中、6曲目にして定番の"Amateur"!古参のファンから愛される名曲"Wise Up"、"Save Me"の連打!これらはもう本当にただただ素晴らしかったと言える。あまり触れなかったが、サポートメンバー2人も良い仕事をしており、彼女の綺麗で伸びの良い声が彼らの操る楽器とピタリと合致していたように思う。実を言うと2人(前回来日時はもっと多かったですよね?)というサポートに物足りなさを感じる部分もあるにはあったが、セットリスト中盤以降それらは完全に払拭された。

後半になりやっと最新アルバムから"31 Today"、"Freeway"を演奏。ここまで全く演ってくれなかったので半分諦めていたのだが、きっと頑張って予習した私にプレゼントしてくれたのであろう(笑)アンコールではまたしてもマニアなファンには嬉しい"One"、本日のセットリストは「マグノリア」好きにとっては大当たりではなかろうか?最後はお約束の"Deathly"!熱過ぎず、冷め過ぎず、しかしながら包容力のある歌は最終曲になっても全く衰えること無く響いていた。これほど居心地の良かったライブは近年稀に見るものである。

/// set list ///
1. Moth
2. Nightmare Girl
3. Momentum
4. Build That Wall
5. Par for the Course
6. Amateur
7. This Is How It Goes
8. Wise Up
9. Save Me
10. You Could Make a Killing
11. Little Bombs
12. 31 Today
13. Freeway
14. Driving Sideways
15. Today's the Day

/// Encore ///
16. One
17. Voices Carry
18. Deathly
[PR]
by a24opp | 2009-08-26 23:16 | ライブ&イベントレポ

山形スクリーム

d0128612_18563362.jpg
あまりにも短いお盆休みに何をしていたかと言うと、祖母がいる田舎に行ってました。田舎と言ってもそんなに遠い場所では無いのですが、東京とは時間の流れが違う、一日がとにかく長い気がしますな。日中はひたすら祖母の手伝い手伝い手伝い。
で、3時のおやつに出てくるのはコレ(↑上画像参照)、お約束中のお約束です。扇風機に当たりながら食べる冷たいスイカは格別!そのままちょっと横になったら寝てしまい、気付いたら夜でした・・・。"ちょっと"の睡眠が3時間以上にも及んでしまったという話。

□□■ 最近の読書

d0128612_19425917.jpg・「さまよう刃」 東野圭吾
一人娘を少年グループによって殺害されてしまった父親の復讐を追った小説。被害者側の心理だけではなく、少年犯罪に対する世論、警察の動きもリアルに書かれています。重いテーマを扱っていますが、登場人物も少ない(東野長編らしくない)のでスムーズに入り込めます。結末がモヤっとした以外は大満足の作品。


d0128612_2075488.jpg・「闇金ウシジマくん」 真鍋昌平
知人にオススメされた漫画。社長ウシジマが経営する暴利闇金融に訪れるお客さんのエピソードを綴ったお話。堕ちてゆく人をさらに追い詰める救いの無い結末が体に悪く、落ち込んだ時に最も読みたくない漫画に挙げられますな。これをオススメした知人は私の好みを分かってらっしゃる。
[PR]
by a24opp | 2009-08-15 20:20 | 週末記録

フジでも雨、サマソニでも雨

d0128612_2137388.jpg
予定通りにサマソニ一日参加して参りました~!以下、ちょいと感想です↓

□ 11:00~ □□■ 幕張駅到着 ■□□
本日の天気、快晴。とにかく暑い!、サマソニに行き続けて早6年目だが、このフェスに対する私の印象は最初から何も変わっていない。溢れる群衆でとっくにキャパオーバーした幕張駅を脱出し、涼しい涼しい会場(幕張メッセ)へダッシュする。が、今年はクロークの場所がメッセ内からマリンスタジアムに移動した為、まずメッセでリストバンド交換→マリンへ歩き荷物預ける→またメッセへ戻ってお目当てのバンド鑑賞、という無駄な往復をさせられたのだ・・・。全く有難くない動線変更、さすがサマソニ(笑)

□ 12:30~ □□■ Red light company ■□□
事前にCDも購入し予習していたukバンド。新人ながら、ずっしりとした音圧と陰のある佇まいがそうとは感じさせず、もやしのようにヒョロりとしたヴォーカルがバンドに適度なカリスマ性を与えている。キャッチャーなメロディは耳障りが良く、一度聴いてしまえば多くの方に好まれそうな気がする。実際、この日の観客も"Scheme Eugene"のようなポップな曲ではそこそこ盛り上がり、それ以外は微動だにせずという具合だった。

□ 14:05~ □□■ Kyte(途中抜け) ■□□
昼食(タイラーメンです)を済ませ、Sonic stageに向かったらば、物凄い人人人!"Sigur Rosのような~"と評されるだけあって、ちょいと音楽通っぽい人多数。演奏を始めるや、序盤から綺麗な電子音と共に壮大なサウンドスケープを展開。若干、CDで聴く流麗な雰囲気よりも力強過ぎる印象を受けてしまったのだが、そこも新人らしくて良いかも。

□ 14:40~ □□■ Girl Talk ■□□
Kyteを途中で抜け、ダンスステージへ。予備知識無しで挑んだGirl Talk(DJ)がすこぶるアタリであった。普段家で聴きたい感じではないが、この時ばかりはベタなパーティーチューンがとにかく盛り上がる!ステージに外人ダンサー(多分素人)が登場し、ブースを囲んで踊りまくり、当のGirl Talkは裸で私達を煽る(笑)レッチリ、ラモーンズ、ダフトパンク、ジャクソン5などをマッシュアップしたお祭り仕様のミックスで良い汗をかかせてもらった。

後半戦
[PR]
by a24opp | 2009-08-10 00:24 | ライブ&イベントレポ
line

音楽が好きです、映画が好きです、比較的インドアです、日記を書き終えました。2010/10/06


by a24opp
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite