HIGH FIDELITY BLOG Ver.2.0

a26opp.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Hyper ballad

既に方々で話題を呼んでいますが、Radiohead単独来日やらサマソニ出演者発表(Coldplay、The Verve決定!)など毎日のように嬉しいニュースが続き、私も浮き足立っております!まだまだ寒い季節は終わりませんが、もう夏の事で頭が一杯(笑)

本日は友人を下北沢ランチに誘いました。最近本当によくココに来ます。そして、またまたスープカレーのマジックスパイスでお昼ゴハン、来る度に新たな感動が得られる数少ないお店です。辛さを自分で設定できるのですが、少し冒険してかなり辛めのスープを注文、それと期間限定のソルトラッシー(岩塩たっぷりのヨーグルトドリンク)もオーダー。カレーの方は結構辛くて咳がゴホゴホ出ましたが、美味しかったです♪
その後は、ヴィレヴァンで本やら漫画を物色。入浴剤(笑)、佐藤可士和のアート本、「SOIL」第6巻を購入。この「SOIL」という漫画、「BAMBi」のカネコアツシ氏が書いているのですが、すごく面白い!カネコ氏の特殊な画風と斬新なストーリーが絶妙。最近は、知人から「オススメの漫画は何かある?」と聞かれたら、絶対に「SOIL」と答えています。
夕方、前々からどうしても行きたかったMois cafeでティータイム。かなり裏通りにある為、人目に付くようなお店では無く、普通の民家を丸々リノベーションしているので、最初は見つけるのに苦労しました(汗)。改装したと言っても、少し懐かしさを感じる空間になっていて、特に屋根(梁や柱)が素晴らしい!思わず店内を写真に収めました(↓下画像群参照)。注文したスウィーツも勿論美味でした♪

d0128612_1945611.jpgd0128612_19462367.jpg







d0128612_19465417.jpgd0128612_19471825.jpg







余談ですが、3月は Dinosaur Jr.のライブが、4月にはFoo Fightersが今のところ控えておりまして、そちらもすんごく楽しみです!
[PR]
by a24opp | 2008-02-24 21:39 | 週末記録

Louis Vuittonのトランクバッグが欲しい今日この頃

今年もついにやってきた・・・、あいつが。花粉症!
昨年は全く症状が出なかったので「お!治った!」なんて思ってましたが、今年は早くも鼻がムズムズ&眼が痒い状態です。今から病院に行っても効果があるのかな?このままでは不快な春を迎えてしまう・・・。

本日は友人へのお祝い品を選ぶ為にお出掛けしていました。かなり色々なお店、デパートを廻りましたが、プレゼントを選ぶのって難しいですよね。「なるべく実用的でコンパクトな物をあげよう」などと考えていると、深みにはまってしまいます。結局、一番初めのお店で見つけたカップ&ソーサーセットに決定。
その後は自分のお買い物という事で、まずは本屋へ。以前に情熱大陸に出演されていたアレックス・カー著の「美しき日本の残像」、伊坂幸太郎著「死神の精度」を購入。まだ読んでいない本が5冊程あるので、これらに手をつけるのは1ヶ月先かな。
お次は勿論HMV。Pistolasというバンドのep、Roger Nicholsの2ndを購入。Pistolasはダンスロック系の新人バンド、Raptureを分かり易くした感じ(?)。ロジャニコの方は、今聴いていますがかなり良い。ソフトロック、ネオアコ好きにも刺さりそうです。

くいしんぼ話
[PR]
by a24opp | 2008-02-17 21:34 | 週末記録

聖書物語

連休最終日、The Arcade Fireのライブに行って参りました!フルセットでの来日という事でかなり期待していましたが、予想通り素晴らしいステージ!それではレポスタートです。

□ 2/11(火) 16:30頃に新木場駅に到着
本当はもっと早く現地に着く予定であったが、間違えて新木場駅に停車しない急行電車(東京駅発)に乗った為簡単に乗り過ごす事に成功・・。しかもそれに気付いたのが10駅以上も先。連れの友人には申し訳ない事をした。気を取り直し、駅に併設されているドトールで軽食を済ませ、いざ会場へ!
チケットに書かれた自分の整理番号(ちなみに760番)を見ながらとぼとぼstudio coastまで歩いていると、同じ目的であろうお客さんがワラワラと集まってくる。会場に着くと、"今日はどのくらいチケットが売れているのかなぁ"なんて考えていた自分が恥ずかしくなる程長蛇の列が・・・(Museの時に匹敵します)。場内に入った時には人で溢れかえっていた。

□ 18:15 開演
ステージの後方に映し出される聖書のマーク、これは2ndアルバムのジャケットに描かれていたものだが、突如ステージが暗転し、マークだけが浮かび上がる。さらに追加で映し出された貴婦人が叫んでいるような映像と共にメンバーの登場!大歓声で迎えられたArcade Fireの面々は私達に微笑みを見せた。そしてそのまま1曲目、"Black Mirror"。2ndアルバム「Neon bible」でも初頭を飾る曲だ。続けて、"Keep the Car Running"。外人グループのモッシュに巻き込まれながらもしっかり演奏を聴いていたのだが、ヴォーカルの音量が若干小さい以外は文句無し!大所帯にありがちな、ギターのヴォリュームにストリングスやピアノの音が負けているということも無い。
3曲目で早くも好きな曲"neihborhood#2(Laika)"。覚え易い曲なので、みんなで大合唱♪とても楽しい雰囲気。ヴォーカルを女性に交代し"Black Wave"、下画像↓がその女性ヴォーカル(名前はRegine Chassag)なのだが、意外にもバンドの核となる動きをしていた。
d0128612_2393962.jpg
歌って良し、踊って良し、アコーディオンなどの鍵盤楽器、ストリングス、鉄琴、とにかくなんでもこなすのだ。最後まで、何故か私はこのお方に釘付けであった。
中盤、またもneihborhoodシリーズから"Tunnels"!彼らの名刺変わりともなり得る曲に、本日一番の大盛り上がりを見せるオーディエンス、ここら辺からヴォーカルの音量も適度になり、素晴らしいステージングを披露した。"Antichrist TV Blues"のようなシンプルなギターソングも声がよく聴こえないと良さが半減してしまうので、音響の方に感謝したいくらい。
本編ラストは"Rebellion"!私が最も好きな曲。サビ部分で絶妙に絡む変調コーラスが本当に心地良く、CDで聴ける以上の演奏であったように思う。みんなでコーラスを合唱している間が、本日唯一泣きそうになった瞬間。曲が終わっても、合唱は鳴り止まず、メンバーの少し驚いた表情が本当に印象的でもあった。アンコールの2曲が霞んだ程だ。

<Setlist>
Black Mirror
Keep the Car Running
Neihborhood#2(Laika)
No Cars Go
Haiti
Black Wave
Neon Bible
Ocean of Noise
Neihborhood#1(Tunnels)
The Well
Headlights
Antichrist TV Blues
(Preacher Video)
Neihborhood#3(Power Out)
Rebellion

<encore>
Intervention
Wake Up

という、素晴らしいライブでした。やはり大所帯バンドの迫力は心に刺さりますな。
[PR]
by a24opp | 2008-02-13 23:44 | 音ネタ

節分なのでカリフォルニアロールを買ってきました(笑)

d0128612_22471963.jpg
久しぶりに東京が大雪に見舞われておりますね。「寒いのは嫌い!」と言いつつも、積もる程雪が降るのは本当に数年振りで、少し微笑ましく感じていましたが、朝から玄関で滑って転んだのでやはり"微笑み"は無しです。

ある資格取得の為に、昨日は一日中机に向かってカリカリしていましたが、本日は気晴らしという事で映画「earth」を鑑賞!いつも楽しく拝見させて頂いておりますよろず日記のukmaniaさんに触発されました(有難う御座います♪)
北極からスタートし、熱帯地域、砂漠、南極、海洋に生息する様々な植物や動物を季節の変化と共に魅せてくれるドキュメンタリー作品。元々、自然や生命の神秘にスポットを当てた作品は大好きなのですが、これほど美しい映像を劇場のスクリーンで観ると圧巻。水源豊かな湿地帯を目指し砂漠を集団移動する象、光りが大地を照らすまで冬眠する北極熊、餌が豊富な温暖地域を求め南下する渡り鳥、地軸のズレがもたらした季節の変化に絶えず適応する動植物、観ているだけで興奮しました。
さすがにジャングルの奥地や砂漠に行くのは厳しいのかも知れませんが、その中のいくつかは自らの眼で実際に見たい!、・・・なんて作品のテーマとは別に"自分への目標"(笑)も課せました。

映像の北極も勿論寒そうでしたが、今夜の東京もかなり寒く、帰宅後はバスソルトを入れたお風呂でリラックスです。
[PR]
by a24opp | 2008-02-03 23:42 | 週末記録
line

音楽が好きです、映画が好きです、比較的インドアです、日記を書き終えました。2010/10/06


by a24opp
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite